日本遺産ストーリー

日本遺産「鯨とともに生きる」 ストーリー 日本遺産「鯨とともに生きる」 ストーリー

日本遺産「鯨とともに生きる」は、熊野灘の捕鯨文化を
伝えるストーリー。
地域の有形・無形の文化財(日本遺産の構成文化財)をもとにまとめられた、その物語をひも解いてみよう。

古式捕鯨の歴史

日本人にとって鯨は古来、海の彼方より富をもたらす神「えびす」だった。人々はときおり浜辺に打ち寄せられる鯨を、ありがたい糧としたが、暮らしのために、やがて自ら捕獲する道を歩み始めた。

黒潮が流れる熊野灘の沿岸地域でも鯨は古くから姿を見せており、江戸時代に入ると組織的な捕鯨が始まった。創始したのは、太地の郷士・和田忠兵衛頼元と伝わり、今では捕鯨の祖と崇められている。

当初は鯨を銛で突き取るだけだったが、のちに網取り法が開発されると、捕鯨は飛躍的に発展した。船団を組んで鯨を囲み、網を絡めた後、銛を打ち込むものだ。船団といっても、今とは比べ物にならない手漕ぎの小舟。数種類の銛をたくさん打ち込んで、最後は大きな剣でとどめを刺したという。

命の危険を伴うこの漁を担ったのは、古くは源平合戦で勇名を馳せた熊野水軍の末裔たちといわれる。勇敢で団結心が強く、操船技術に秀で、海の知識は豊富。このマンパワーが捕鯨の原動力だった。

捕鯨が盛んになった理由として地理的条件も見逃せない。熊野灘沿岸は複雑なリアス式海岸が続き、背後には急峻な山々が迫る。つまり、鯨をいち早く発見できる高台や、鯨を引き揚げられる浜があることが要因の一つだった。

日本遺産 河内祭の御舟行事 御舟の渡御は祭りのハイライト。捕鯨で栄えた歴史を今に伝える

御舟の渡御は祭りのハイライト。捕鯨で栄えた歴史を今に伝える

複雑に入り組んだ海岸に山が迫る太地漁港(奥)の周辺

複雑に入り組んだ海岸に山が迫る太地漁港(奥)の周辺

日本遺産 熊野水軍の拠点のひとつだった九龍島(左)・鯛島(右)

熊野水軍の拠点のひとつだった九龍島(左)・鯛島(右)

燈明崎から見た梶取崎

燈明崎から見た梶取崎

鯨がもたらした繁栄

捕鯨にはさまざまな役割があり、高台から鯨を見張る者、鯨を運ぶ者、用具を管理・修繕する者などもいた。解体・加工は「鯨始末係」が担い、肉の大半は塩漬けにして出荷。骨や皮から鯨油をとり、ヒゲや筋は道具の材料にするなど、巨体をありがたく受け取り、余すところなく活用した。

鯨は「一頭で七郷が潤う」といわれるほど莫大な富をもたらした。年間で95頭が捕れた天和元年(1681年)には、6000両を超す利益が得られたという。

直接的に捕鯨を行う者の背後には、船大工や鍛冶屋、鯨販売を司る人々もおり、捕鯨は地域全体を潤した。繁栄ぶりは遠く離れた大阪にも伝わり、井原西鶴は著書「日本永代蔵」に太地の栄華を記している。

受け継がれる捕鯨文化

規模こそ違うものの、太地では現在も捕鯨が行われている。また各地に捕鯨の歴史と文化を伝える有形・無形の文化財が残されており、ストーリーをたどることができる。

鯨を見張った山見台跡、狼煙場跡などの史跡からは、勇壮な古式捕鯨が偲ばれる。鯨の供養碑は、人々が鯨をいかに大切にし、感謝していたかわかる。

人と鯨の結びつきの深さをより感じさせるのは、鯨にまつわる祭りや伝統芸能だ。豪華に飾り立てた御舟の渡御、鯨を捕る様子を勇壮に再現する鯨踊など、この地にはさまざまな行事が受け継がれている。新宮市や太地町では、多くの小学生が郷土学習の一環として鯨踊を習っている。

熊野灘沿岸の人々にとって、鯨は今も身近で特別な存在。400年の歴史をもつ捕鯨文化はしっかり根を張り、息づいている。

太地くじら浜公園に立つ羽指の像(はざし=古式捕鯨で鯨に銛を打ち込んだ人)

太地くじら浜公園に立つ羽指の像
(はざし=古式捕鯨で鯨に銛を打ち込んだ人)

日本遺産 輪崎の鯨踊 輪になって踊る「殿中踊」は鯨を取り巻く様子を表している

輪になって踊る「殿中踊」は鯨を取り巻く様子を表している

日本遺産 鹽竃神社のせみ祭り 今に受け継がれる伝統行事には子どもたちも参加する

今に受け継がれる伝統行事には子どもたちも参加する

日本遺産 太地のくじら踊 11月の「太地浦くじら祭」で披露される

11月の「太地浦くじら祭」で披露される

日本遺産 浜の宮のお弓祭り 的をめがけて弓を放つ神事。行事後は参詣者が的の端を持ち帰る

的をめがけて弓を放つ神事。行事後は参詣者が的の端を持ち帰る

  • 捕鯨文化を伝える日本遺産の祭りと伝統芸能
  • 日本遺産ポータルサイト