モデルコース

日本遺産・世界遺産&ジオパークウォークプラン

海の見える熊野古道を歩き、捕鯨の歴史を宿す三輪崎へ

新宮の歴史と自然を訪ねてウォーキング。最初に向かう浮島の森は、約5000mの森全体が、実は沼地に浮かんでいるという不思議スポット。寒暖両性の貴重な植物群落は国天然記念物に指定されている。続いては、「焼肉ひげ」で熊野牛の昼食を。近くには「maffably」もあるので覚えておきたい。

【左】浮島の森
【右】焼肉ひげ

午後は、世界遺産の熊野古道高野坂を越え、かつての捕鯨拠点のひとつ三輪崎を目指す。なお「焼肉ひげ」から高野坂登り口(広角側)へのルートは少しわかりにくいので、タクシーを利用してもいい。

熊野古道高野坂

高野坂を登る前に、王子ヶ浜を散策するのもおすすめ。登り口から、並行する紀勢本線のガードを潜れば、浜に出られる※。高野坂を少し登ったところにも王子ヶ浜のビューポイントがあり、さらに進むと、日本遺産の「羽指中建立の石祠」「鯨山見跡」がある。
※大雨の後などは、ガード下が浸水し、王子ヶ浜に出られない場合があります。

【左】羽指中建立の石祠
【右】鯨山見跡

坂を下り、海沿いに進んで三輪崎漁港へ。漁港の前には孔島・鈴島があり、どちらも堤防伝いに歩いて行ける。島には夏に白い花を咲かせるハマユウなど暖地性海岸植物が生い茂り、鈴島は大自然が造り上げた複雑な地形も見ものだ。

孔島・鈴島

一覧に戻る

観る。遊ぶ

鯨を見る・学ぶ・楽しむ!

お店・レストラン

町なかの名所・名物をたずねる

宿泊

熊野のおすすめ宿

イベント

捕鯨文化を伝える日本遺産の祭りと伝統芸能