モデルコース

熊野灘の潮風を感じる町歩きプラン

“生マグロの町”勝浦では、魚市場で競りを見学し、ミニチュア鯨舟の絵付けを体験。
“鯨の町”太地では、風情ある漁師町の町並みをたどり、古式捕鯨の史跡を訪ねる。潮風に吹かれて、のんびり歩こう。

くじら舟の郷土玩具の絵付けを体験

名湯が湧く勝浦は、延縄漁法による生マグロの水揚げで日本有数の町でもある。それを実感できるのが、南紀勝浦温泉旅館組合加盟の宿の泊まり客を対象に開催している勝浦魚市場体験(要予約)。早朝にマグロの競りが行われる勝浦漁港の市場を、漁協職員の案内で見学することができるもので、ずらりと並んだマグロが圧巻だ。

勝浦魚市場体験

勝浦駅前のみやげ物店・小倉家では、郷土玩具「熊野古式くじら舟」に注目。江戸時代の捕鯨舟をかたどっており、鳳凰や菊などの模様が鮮やかな色彩で描かれている。店主がひとつずつ彩色しており、予約すれば絵付け体験もできる。

小倉家

続いては、紀の松島めぐりを楽しみつつ太地へ向かう。紀の松島とは勝浦港周辺に点在する鶴島・兜島・ラクダ岩など大小の島々の総称で、遊覧船が勝浦観光桟橋から出航。基本的なAコースは、太地くじら浜公園に寄港するので、今回はそこで下船。

【左】紀の松島めぐり
【右】太地くじら浜公園

一帯にはくじらの博物館などの観光施設が集まっており、ベンチに腰掛け「ル・ボワ」のパンでランチとするのもおすすめだ。

Boulangerie Le Bois

レトロかわいいペンキ塗り民家の町並み

公園から南へ歩くと、太地漁港に至る。このあたりが町の中心。漁協向かいには漁の神を祀る恵比須神社があり、鯨骨で造った鳥居が立つ。周辺には、住宅が密集した漁師町特有の町並みが残る。ほかと違うのは、格子を付けた日本家屋であっても、淡い色のペンキで塗った建物が多いこと。かつて太地は北米移民や捕鯨船の乗員を多数輩出。そうした人々がペンキ塗りの文化を海外から持ち帰ったともいわれる。

【左上】太地漁港
【左下】恵比須神社
【右】ペンキ塗りの民家が連なる

順心寺には捕鯨の祖とされる和田頼元墓がある。和田家はこの地の名族で、忠兵衛頼元が慶長11年(1606年)、銛で鯨を捕る組織的な捕鯨を始めたという。洞穴の岩門は昔から「和田の岩門」などとよばれ、内側に和田家の広大な屋敷があったと伝わっている。

【左】和田頼元墓
【右】和田の岩門

余裕があれば、燈明崎〜梶取崎へ足を延ばすのもいい。岩門・梶取崎のどちらからでも、帰路は町営バスでJR太地駅へ。バスの便数は少ないので、事前に時間を確認しておこう。

一覧に戻る

観る。遊ぶ

鯨を見る・学ぶ・楽しむ!

お店・レストラン

町なかの名所・名物をたずねる

宿泊

熊野のおすすめ宿

イベント

捕鯨文化を伝える日本遺産の祭りと伝統芸能